こだわり

神は細部に宿る ~作品の裏側にも心を配る~

目線

完成した作品は、大抵、眺める角度は同じところからとなります。

私の作品の場合、正面、左右の横から眺める場合がほとんどだと思います。

屋根を持ち上げると、部屋の中までよく見えるのですが、そのようにしてご覧いただくケースというのは、あまり多くないと想像しています。

だからといって部屋の内装作りを簡略化したり、手を抜いたりはしません。

雨どいの中や小さな看板にも、埃りやゴミの演出をしています。
ある時… 作品を置く位置を変えたりしたときに、そうした演出を偶然見つけてもらい、あらためて感動してくれたら楽しいと思っています。

忘れていた場所

どんなに小さなものでも細部に加工をしていたつもりですが、最近、やり忘れていた部分を見つけてしまいました。

それは、トタン壁の裏です。
以前から、両側に支柱を置いただけのトタン壁でした。

先日、ウォーキングをしているときにトタンの壁の有る家屋を発見したので、よく観察してみました。すると、かなりの材木が使われていることに気が付きました。

作品を裏から見る人は少ないだろうという安易な考えも手伝って、そういうところに気が回りませんでした。けれども、本物は、今の私が作っているようなトタン壁ではないのです。

反省する気持ちとともに、自宅に戻ると早速リメイクをしました。
こっちの方が断然リアル!

「神は細部に宿る」

 

この言葉は、私を勇気づける言葉です。

しかしながら、この見落としは、果たして細部と言えるのだろうか(笑)。
この発見から、他の部分も見直し、今後の作品作りに生かしていこうと思いました。